カラコンの正しい使用法

COLOCON NAVI  

カラコンの注意点とは

カラコンは、ファッションの一部として捉えられ、若い人を中心に使用車が増えています。
しかし正しい使い方をしないと重大なトラブルに発展するので注意します。
カラコンを購入する時は、必ず医師の診断を受けます。眼科医に目のサイズを見てもらうだけでなく、ドライアイでないかを確認する必要があります。ドライアイは自覚症状が少ないですが、カラコンが乾燥した瞳を擦って傷を作る恐れがあります。
ドライアイは眼科医の処方した薬で治すことができるので、購入する前に目の病気を発見します。
また長時間装着することも危険です。一般的な使い方では8時間以上付けることは禁止されています。
目は酸素透過性で、老廃物が出てコンタクトを汚します。そこに雑菌が繁殖するので、カラコンを付けたまま眠ることがないようにします。
初心者はワンデータイプがおすすめです。多くの場合、数日~半年使えるタイプで、目からの老廃物やアイメイクなどの汚れが付着しています。汚れた状態で装着するのを避けるために、使わない時は専用の保存液とケースに入れて保管します。水道水で洗うと塩素が目のバリアを傷つけます。
品質の劣化を防ぐために、日光が当たらない保管場所を見つけます。

カラコンを上手に使う為には

カラコンはアイメイクの一環として利用する人は大勢います。黒目を大きくしたりする事ができるので、より魅力的なメイクをする為には欠かすことはできないという人もいるでしょう。
ただ、実際には眼球に直接装着する事になるので、色々な事に気をつけなければいけません。
まずカラコンはコンタクトレンズの一種なので、装着時間には充分気を付ける必要があります。 どうしても長時間装着していると眼球に負担を掛けてしまって、時には思わぬトラブルが起きてしまう場合もあります。 痛みを感じる時は出来るだけ使用を控える事が重要です。
もう一つは衛生面に気を付けるという事です。 価格が気になるからと言ってカラコンを装着可能時間を過ぎてからも使ってしまう人が中に入ますが、それは目にとって良くない事です。 目が思っている以上に汚れており、さらにアイメイクなどによってカラコンにも汚れが付着しています。 そのまま使うと角膜にキズがついてしまったり、目のトラブルが起きてしまうので衛生的に利用する様にします。
使い捨てタイプを利用する事、さらに装着時間を守る事、保管方法には気を付ける事などをしっかりと守れば、それ程大きなトラブルが起きる事無く安全にカラコンを使う事は可能です。

Valuable information

離婚したい
http://tobira-rikon.com/
電子定款 作成
http://mori-gyousei.com/
株式会社リュウプランニング
http://ryuplan-k.jp/
リペア 補修
http://www.greenworks-repair.jp/
Celebrities(セレブリティズ)
http://www.celebrities-wedding.com/
海外留学
http://www.ausbiznet.com/
オーストラリアワーホリ
http://www.ryugakuadvice.com/
ロストワックス
http://www.sun-cast.co.jp/

2016/10/7 更新


Copyright (C) 2015 COLOCON NAVI. All Rights Reserved.